セルフケア

【腰椎椎間板ヘルニアで注意すべき症状】ランバーサポートがおすすめ

【腰椎椎間板ヘルニアで注意すべき症状】ランバーサポートがおすすめ
しーたす
しーたす
こんにちは!理学療法士のしーたす(@generalist_pt)です。

国民の80%が一生に一度は腰痛を経験するといわれています。

腰痛には原因のはっきりしている特異的腰痛症と原因がはっきりしない非特異的腰痛症があります。

特異的腰痛症でもっとも多く知られている疾患は腰椎椎間板ヘルニアです。

腰椎椎間板ヘルニアの中で注意すべきことがあります。

それは運動麻痺と膀胱直腸障害です。

ガンや循環器疾患などと違って、整形外科疾患は命に関わることはありません。

しかし、整形外科疾患でも放置することで後遺症が残るものも存在します。

腰椎椎間板ヘルニアで注意すべきことについてお伝えします。

また腰椎椎間板ヘルニアの予防や治療にオススメのランバーサポートについてご紹介します。

腰椎椎間板ヘルニアとは【症状について】

腰椎椎間板ヘルニアとは【症状について】

背骨の椎骨と椎骨の間には椎間板というクッション材が存在しています。

この椎間板が変性し組織の一部が飛び出すことを腰椎椎間板ヘルニアといいます。

飛び出した組織の一部が神経を圧迫することで足に激しい痛みやしびれを生じることがあります。

この神経症状は一般的には坐骨神経痛といわれることが多いです。

腰椎は5つありそれぞれの神経支配領域に症状が出現する特徴があります。

腰椎の4番目と5番目の間から出ている神経であれば、ここにしびれや痛みがでるというように決まっています。

つまり、しびれや痛みの出現する場所が分かれば、どこの部位で神経が圧迫されているかを推測することができます。

MRIで実際に出ているヘルニアと症状の部位が一致すれば、そのヘルニアが症状の原因となっていることが確定的だといえます。

腰椎椎間板ヘルニアの主な自覚症状

感覚障害(しびれ、知覚鈍麻)、運動麻痺(筋力低下)、腰痛・下肢痛、膀胱直腸障害

腰椎椎間板ヘルニアとは【原因について】

腰椎椎間板ヘルニアとは【原因について】

腰椎椎間板ヘルニアの基盤となる原因は椎間板の変性です。

変性というのは組織の構造が脆弱に変化してしまっているということを意味します。

椎間板内の水分量は朝と夜で違います。

朝と夜で身長が違うというのはこの椎間板の水分量の増減による椎間板の高さの変化によるものといわれています。

朝がもっとも水分量が豊富(身長が高い)な状態ですが、もっとも痛めやすいといわれます。

午前中に重い物を持ったり、中腰で作業をするなどは控えるのがよいでしょう。

あとはクリープ現象といわれるものも知っておくとよいです。

【クリープ現象とは】

筋肉はすぐに伸び縮みする特徴がありますが、靭帯や椎間板などの静的支持組織は通常すぐに伸びることはありません。

一般的に捻ったり急激な外力で靭帯が伸びたと表現することはあるかもしれませんが、厳密には微細損傷を起こしている状態です。

しかし、靭帯や椎間板などの静的支持組織も緩くなったり脆弱になることがあります。

それは、急激な力ではなく弱い力で長時間ずっと同じ張力で負荷をかけ続けることです。

そうすると靭帯や椎間板などの静的支持組織が緩く脆弱になってきます。

これをクリープ現象といいます。

つまり長時間の同一姿勢を続けて同じ負荷をかけ続けることが、椎間板にとってもっとも避けなければいけないストレスになります。

そしてもう一つ知っておくべきことは、椎間板の負荷がもっともかかりやすいのは座位や中腰だということです。

次の図をご覧ください(嶋田智明,腰痛の病態とその理学療法アプローチ,2008より引用)

椎間板にかかる圧力

立位で椎間板にかかる負担を100としたときのそれぞれの姿勢でかかる負担を示しています。

座位や中腰の方がストレスがかかっているのが分かるかと思います。

洗顔動作など立位での動作も中腰にならないように注意しましょう。

洗顔動作時の注意点ヘルニアで長時間の立位姿勢での注意点

椎間板は後方組織の方が脆弱であり後方に飛び出すことがほとんどです。

ヘルニアの発生概念

また重い物を持つことでさらに負荷は増大します。

職業的には、運送業やデスクワークに多いのはこの辺りが原因であることが多いためです。

ヘルニアで物を持ち上げるときの注意点

あとは、車の振動が影響しているともいわれていたり、タバコによる末梢結果の収縮に伴う循環不全も要因といわれたりもします。

【腰椎椎間板ヘルニアになりやすい要因】

①長時間の同一姿勢をとる仕事(デスクワーク、運転手)

②車の運転による小さい振動の継続(運転手)

③重い物を持ち上げる(運送業)

④中腰での作業

⑤午前中に負荷をかけること

⑥ハムストリングスが硬く骨盤が後傾し猫背になりやすい人

⑦喫煙者

腰椎椎間板ヘルニアで注意すべき症状【運動麻痺と膀胱直腸障害】

腰椎椎間板ヘルニアで注意すべき症状【運動麻痺と膀胱直腸障害】

腰椎椎間板ヘルニアでもっとも辛いのは脚の痛みやしびれです。

ひどい場合には身動きもとれず夜間も寝ることもできず冷や汗をかいて苦しむ人もいるほどです。

長く続くと精神的にも病んできてメンタルがやられたり、仕事に支障がでて退職する人もいたりします。

こういうひどい状況の場合には受診をして、ブロック注射や手術などで早く症状をとってあげる方が良い場合も多いと思います。

いつも痛いわけでなくて我慢できるぐらいの痛みやしびれであったり、日常生活や仕事にそこまで支障が出ていないという人がほとんどだと思います。

そういう人たちはすぐにブロック注射や手術をする必要はありません。

90%の腰椎椎間板ヘルニアは運動療法や自然軽快で症状がなくなるためです。

受診をして理学療法士によるリハビリを受けるのがいいでしょう。

腰椎椎間板ヘルニアで気をつけるべき症状があります。

それが運動麻痺膀胱直腸障害です

なぜかというとこの2つの症状は出現した際に放っておくと後遺症が残る可能性が高いためです。

急激な運動麻痺が起こったり膀胱直腸障害が起こったときは、48時間以内に手術をしないと後遺症が残る可能性が高いといわれています。

もし足の指やつま先が動かなくなったなどの症状や、おしっこが出にくくなったなどの症状が出現した場合はすぐに整形外科を受診しましょう!

3日後の休みの日でいいかなんて思っていると取り返しがつかないことになるかもしれませんよ!

腰椎椎間板ヘルニアの対処法と治療法【ランバーサポートがおすすめ】

前述したように日常生活や仕事での習慣が原因となっていることが多いといえます。

まずは自分の中で何が負担となっているか原因を考えることが大事です。

もし職業であれば変えられないこともあるかもしれませんが、工夫はできるのではないかと思います。

デスクワークなら定期的に立ってトイレに行ったり30分ごとに立って歩くようにしたり、長時間の座位姿勢をやめることが一番です。

もう一つは座位姿勢をよくすることです。

ヘルニアにならないためのデスクワーク姿勢の注意点

ヘルニアは後方に飛び出すことがほとんどで、腰椎が曲がって後ろの椎間板に張力がかかっていることが要因となりやすい。

つまり腰椎が屈曲して生理的前弯がなくなっている座位姿勢がヘルニアの要因といえます。

ランバーサポートといわれる腰部にクッションや丸めたバスタオルをいれて、自然と腰椎の生理的前湾をとれるようにすることもおすすめです。

あとは立った時に腰をそらしたり伸びをしたりするのも有効です。

どうしても立ち上がれないときは骨盤を起こしたりだらんとしたり上下に動かす運動も効果的です。

腰椎伸展運動と骨盤前後傾運動

ヘルニアにならないため、もしくは治すための気をつけるべきこと

①長時間の同一姿勢(特に座位姿勢)をやめて定期的に姿勢を変えること

②背中が丸まった座位姿勢を正す

③重い物を持ち上げるときは腰を落とすようにして行う

 

まとめ

腰椎椎間板ヘルニアは日常生活や仕事での習慣や姿勢が原因であることが多いといえます。

動作方法や姿勢を修正することで予防することができるので対策してみてください。

良い姿勢を保つために便利な道具としてランバーサポートも色々ありますので使ってみるのもいいでしょう。

車の運転やデスクワークを仕事としている人にはぜひおすすめします!

そして、運動麻痺や膀胱直腸障害が出現したときにはすぐに整形外科を受診するようにしましょう。

それでは、また!


にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

ABOUT ME
しーたす
病院で理学療法士として働いてきた経験や知識を活かして、医学・リハビリ・栄養・運動・心理学など有益な情報を発信していきます。