生活

スメハラしてませんか?オススメの服につく汗のにおい対策5つ

スメハラしてませんか? オススメの服につく汗のにおい対策5つ
しーたす
しーたす
こんにちは!理学療法士のしーたす(@generalist_pt)です。

職場や街中で他人の発する匂いが気になったことは誰でもあるのではないでしょうか?

他人の臭い匂いをかいでしまうことほど不快なことはないですよね。

でも、もしかしたらあなたもそう思われているかもしれませんよ。

匂いは自分でわからないことも多く、意図せず相手に不快感を与えてしまっているかもしれません。

夏の暑い時期などは特に要注意です。

対策すればかなり抑えることができるので、記事を読んでぜひ対策の参考にしてみてください!

スメハラとは

スメハラとは

昨今では○○ハラスメントといわれるものが増えてきています。

セクシャルハラスメント⇒セクハラがもっとも有名かと思います。

では、スメハラという言葉を聞いたことはありますでしょうか?

これは、スメル=匂いのハラスメントということです。

他のハラスメントと同様に本人にそのつもりがなくても、相手がそう感じると成立します。

しかも匂いというのは感覚なので個人で感じ方が変わります。

人によっては心地よく感じるかもしれないし不快に感じるかもしれない。

でも、臭い匂いが好きという人のような特殊な例を除いては、多くの人が不快に感じる匂いは存在します。

一般的には、汗のにおい、ワキガ、強い香水や柔軟剤、ニンニク臭、タバコ臭、口臭、足の匂いなどは不快に感じる方が多い匂いとなります。

スメハラしないためには衣服に注意

服 臭い

匂いの原因となるもので最も多いのは汗だと思います。

今回は、汗に的を絞って話していきます。

臭くなりやすい人というのは汗かきの人が多いといえます。

ただ汗自体には匂いはありません。

本当かと思う方は汗をかいたとき匂ってみてください。

汗自体は匂いはしないはずです。

でも夏とかになって汗をよくかいてる人で汗臭い人っていますよね。

あれはなぜでしょうか?

実はほとんどの場合は服が原因です。

汗をよくかく人は衣服に汗がより多く染み込んでいきます。

そして汗には老廃物が含まれています。

それが衣服に残り時間が経過すればするほど雑菌により分解されて匂いを発します。

そうすると衣服の繊維の奥に染み込んでとれなくなります。

こういった染み込んだ匂いは普通に洗濯をしてもとれません。

ワキガの注意点

スメハラ ワキガ

汗には大きく分けると2種類あります。

エクリン汗腺からの汗とアポクリン汗腺からの汗になります。

エクリン汗腺は比較的匂いを発しにくい汗となります。

問題はアポクリン汗腺から発する汗で、腋や陰部など特定の領域に多く汗腺が存在します。

臭くなりやすい人の特徴としてこのアポクリン汗腺が多い人がいます。

腋で特有の匂いを発するものとしてはワキガが有名です。

ワキガは鉛筆の芯の匂いなどに例えられ、嫌われることの多い匂いで注意が必要です。

腋にアポクリン汗腺を多く持っている人に多いといわれます。

対策としてはアポクリン汗腺を除去する手術があるようです。

ワキガは自分では分からないことも多く、他人も気を遣って指摘しにくいため、本人が気づいていないケースも多いです。

匂い以外で自分で確認する分かりやすい方法があります。

白いシャツなどの腋の部分に黄色っぽい色が着色している人は要注意です。

腋のアポクリン汗腺が多い可能性があり、ワキガを持っている可能性があります。

スメハラのオススメの対策方法5つ

スメハラ対策 洗濯

前述したように汗かきの人はスメハラのリスクが高いといえます。

アポクリン汗腺が多いのは生まれ持った体質だし、汗かきなのも同様です。

手術でアポクリン汗腺を切除するしかないのか?

でもそんなリスクや大変なことまでしたくはないですよね。

ではどうすればいいのでしょうか?

基本的なことですがとても有効な方法をお伝えします。

①汗をかく前に対策をする

②汗をかいたらそのままにしない

③汗をかいて汚れた服を適切な方法で洗濯する

④衣服に消臭剤を使用する

⑤それでも取れなくなった衣服は処分する

次項で順に簡単に解説していきます。

①汗をかく前の対策

優秀なデオドラントグッズが発売されています。

それらを汗をかく前に使用しておけば、汗をかいた後の雑菌の繁殖を抑えてくれます。

これは一番オススメの方法で、僕自身かなり効果を実感できました。

現在僕が愛用してる商品です。

②汗をかいた後の対策方法

夏の暑い時期なんかになるとどうしても体温を維持するために汗を多くかきます。

汗は自律神経によるものなので、かくものは仕方ありません。

問題はかいた後にどうするかです。

一番の対策はかいて衣服が湿った状態が長くならないようにすることです。

ひとつは乾きやすいインナーを中に着ることです。

 

もうひとつは、汗をかいたらすぐにふき取ることです。

ハンドタオルやデオドラントシートを持ち歩きましょう!

 

③汗をかいた衣服の洗濯方法

上記①と②の対策をしても衣服には汗は付着します。

次に大切なのは衣服をすぐに洗濯することです。

そのまま放置して次の日に洗濯などしては手遅れです。

汗をよくかいた衣服はすぐにその日に洗うようにしましょう!

そして洗濯方法でポイントがあります。

ワイドハイターを有効活用することです。

これでかなり黄ばみや衣服の繊維に染み込んだ匂いを発する成分を除去できます。

【軽度】洗濯剤と一緒にワイドハイターをいれて洗濯する

【中等度】ワイドハイターを腋部分や襟部分に直付けして洗濯する

【重度】水がぬるま湯にワイドハイターをいれて30分程度衣服を漬け置きする

逆に一番ダメなのは、柔軟剤で匂いをごまかすことです。

これは本当に最悪です。

汗臭い匂いに強烈な柔軟剤の匂いが相まって最強の毒ガスと化します。

僕のオススメとしては柔軟剤はかなり匂いが少ない物か無香料の物を使用しましょう!

昔ながらのこのハミングがかなり匂いが軟らかくお勧めします!

④洗濯した後の衣服に消臭剤を使用する

臭くなってしまった衣服にはあまりよくないですが、臭くなっていない衣服に使用するとかなり効果的です。

①と同じように雑菌の繁殖を予防しますが、①は肌に対しての対策ですが④は衣服自体の雑対策ということです。

注意点は匂いが強いものは使用しないことです。

前述のように柔軟剤で強い匂いをかぶせて悪臭としてしまわないことです。

僕が好んで使っているのはスーツリフレッシャーというスーツにも使える消臭剤です。

かなり柔らかい匂いで周囲の評判もいいです。

いい匂いすると何度か言われたことがありますのでオススメします!

⑤既にかなり匂いが染み込んでしまった衣服の対策方法

上記①~④の対策をしていれば最小限にはできますが、それでも長く着ていると匂いが衣服に残って取れなくなることはあります。

最終手段です!

捨てましょう。

無駄な抵抗をしてお金と時間をかけるより、新品の衣服を買う方がコスパもいいです。

まとめ

スメハラ対策

匂いは自分では分からないことがありますが、周りは嫌な顔をしているかもしれませんよ。

夏の暑い時期は特に汗を多くかきますよね。

多汗症だったりワキガをもっている人は特に悩ましい季節ですよね。

汗臭い匂いの大半の原因は衣服からのものです。

対策をしっかりすればかなり匂いを減らすことができます。

僕自身の体感としては、何もしていないときに比べれば今回紹介したすべての対策をすれば1~2割程度に抑えられるんじゃないかと思っています。

気付かないうちにスメハラしたくないですよね。

ぜひ、今回紹介した方法を実践してみてください。

それでは、また!

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

ABOUT ME
しーたす
病院で理学療法士として働いてきた経験や知識を活かして、医学・リハビリ・栄養・運動・心理学など有益な情報を発信していきます。