時間管理

時間を無駄にしない【時間単価を考える】1円を拾うものは損をする?

時間を無駄にしない 【時間単価を考える】 1円を拾うものは損をする?
しーたす
しーたす
こんにちは!理学療法士のしーたす(@generalist_pt)です。

みなさんは1円玉を落としたら拾うでしょうか?

おそらくほとんどの人は落ちたら拾うと思います。

僕もとっさに拾ってしまうと思いますが、実は1円玉は拾うと損をするんです。

ではなぜ損をしてしまうのか?

時間単価という考え方を身に着ければ自ずと答えがでます。

こんな人にオススメの記事

・目先のお金に惑わされて損をしている人

・時間の大切さを測る一つの考え方を知りたい人

・自分の時間の価値を知りたい人

時間の価値を知ろう【1円玉を拾うと損をする?】

1円玉

では1円玉を拾うことについて、感情を抜きにして数字だけで考えてみましょう。

1円玉を拾うのに例えば3秒かかるとします。

つまり、

1円玉を拾う ≒ 3秒で1円を稼ぐ

ということです。

60秒で計算すると20円稼げることになります。

これを、1時間に直すと1200円稼げるということです。

1円玉を拾うということは、時間単価で考えると時給1200円の価値があることを意味します。

アルバイトやフリーターは時給で働いているためイメージがつきやすいと思います。

時給1200円未満の人は、1円玉を拾ったら時間単価からいうと得をすることになります。

逆に、時給が1200円以上ある人は1円玉を落としても拾うと損をします。

時間単価を計算してみよう

時間単価

サラリーマンは月収で給料をもらっている方が多いですよね。

ひと月に自分が稼いでる金額は分かるけど、自分が時給でいくら稼いでるかってあまり意識しないかと思います

時間だけはみんな平等に分け与えられていて1日は24時間だし1年は365日です。

でも時間当たりの価値というのは人によって変わります。

できれば一度自分の時給を計算してみましょう。

まず、1ヵ月の労働時間を計算します。

1日8時間労働×20日=160時間

次に、月給を労働時間で割ると大まかな時給が計算できます。

つまり、

32万円÷160=2000円

といった具合です。

お金は価値が客観的に示すことができて形あるものなので意識しやすい。

でも、時間って目に見えないものだし人によって価値も違う。

時間をお金に置き換えることで自分にとっての時間の価値を感じることができます

タイムイズマネー(時は金なり)

時は金なり

お金は理論上は制限なく増やすこともできます。

今は稼げなくても、将来大きく稼ぐことができるかもしれない。

稼ぐお金は10倍とか100倍とか人によって違うことは全然あります。

しかし、時間はどうでしょうか?

1日24時間、年間365日というのは地球上みんな同じです。

人間の寿命も80~90歳のあたりでだいたい同じようなものです。

300歳生きる人間などいません。

時間は将来に増やすこともできません

再生医療や医学で多少は延びることはあるかもしれませんが、何倍にも寿命が延びたり不老不死が実現することは現在のところ期待できません。

つまり、お金は無限ですが時間は有限なわけです。

お金が大事なのはわかりますが、目先にとらわれず人生全体として考えた場合、時間がお金以上に重要なことは理解できるでしょう。

時間を浪費しない

時間の浪費

時間が大切な資源だということはわかったと思います。

時間をどう使うかは重要な問題です。

限られた時間を有効に使って人生をハッピーにしたいですよね。

でも世の中の人たちは時間を浪費していることが多すぎるんです。

ましてそれに気づいてすらいない。

知らぬが仏というべきか・・・笑

例を出して考えてみましょう。

ちょっと家から遠いスーパーでセールをしていたとします。

広告で目当ての品に狙いをつけて、スーパーまでいって商品をゲットできました。

通常の値段で買えば、3000円のところが2500円だったとします。

つまり500円浮いたということです。

感情的には得した気分になりますよね。

果たして本当に得をしたのでしょうか?

これも時間単価で考えると簡単にわかります。

移動時間と買い物時間で1時間かかったとします。

時給500円稼いだということです。

時給2000円の時間単価の人からすれば大損です。

こういったことが往々にしてやっちゃってたりすると思います。

でも、時間単価の考え方を身に着ければ、時間を浪費することは格段に少なくなると思います。

もし時間単価で考えれば、スーパーに買いに行かずに3分でネット通販で同じものを3500円で買うという選択をできるでしょう。

3000円のものを3500円で買ったら損したように思うかもしれません。

でもスーパーに買いにいかずに済んだ分で、時間が57分浮いたんですよ。

約2000円を稼いだことと同じです。

こう考えると一見目先のお金は損したように感じるかもしれないけど、時間で考えるとかなり得をしていることが分かりますよね。

時間を投資しよう

INVEST IN YOURSELF

時間をどう使えば得ができるのでしょうか?

簡単なことです。

時間単価以上の時間の使い方をすればいいということです。

時給2000円の人は1時間使う場合に、1時間でそれ以上の価値があることに時間を使えばいい。

時給2000円の時間単価の人が時給2100円にあげることに時間を使えばいいということ。

つまり「時間を投資」するということです。

自分の知識やスキルの向上につながったり経験値になるようなことに時間を使う

そうすることで、将来的な自分の価値があがり、自分の稼げる金額が変わってくる。

時間単価が上がることを意味します。

例えば、読書をしたり勉強したり人と会ったりすることはこれに当たります。

時給2000円の仕事をずっと続ければずっと2000円稼ぎ続けることができます。

でもそれだと同じ給料を稼ぐためには同じ時間を消費しないといけません。

もし時給が4000円にあがれば同じ給料を稼ぐのに半分の時間で済みます。

つまり自由な時間が増えたことになります。

物理的な時間はみんな平等に与えられていますが、自由な時間というのは人によって変わります。

労働時間が減ればその分、自由時間が増えます。

労働時間を減らすには、自分の時間単価をあげるしかない

そうすると「自己投資」に「時間を投資」するしかないという結論に行き当たります。

まとめ

時間投資

時間は有限ですが価値が分かりにくいのが難点です。

10年後にもしかしたら時間のありがたみや価値が分かるかもしれません。

でもそれでは遅いのです。

お金は後で増やすことができても、時間は戻すこともできないし後で増やすこともできません

時間は貴重です。

浪費しないようにしましょう。

時間をどんどん将来の自分へ投資していきましょう

そのためには、時間単価の考え方を身に着けることが大事になります。

普段何気なく過ごしている時間を見つめなおすきっかけになれば嬉しいです。

それでは、また!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

ABOUT ME
しーたす
病院で理学療法士として働いてきた経験や知識を活かして、医学・リハビリ・栄養・運動・心理学など有益な情報を発信していきます。