生活

合わない人との付き合い方【人間のレベル論】ステージが違うのかも?

合わない人との付き合い方 【人間のレベル論】 ステージが違うのかも?
しーたす
しーたす
こんにちは!理学療法士のしーたす(@generalist_pt)です。

職場や周囲の人間関係でこの人と何か合わないなと思う人っていますよね?

もしかしたらその人とあなたは違うステージにいるのかもしれません。

僕は最近なぜか周囲の人間関係で合わないなぁという人が増えてきました(笑)

なぜかなと思ってたんですが、「人間のレベル論」という考え方を知って妙に納得できました。

どうやら僕は読書やyoutube動画での勉強などを通じて、考え方や思考が変わっていく中でステージが変わっていたようです。

だから、今まで考え方が合うと思っていた人としっくりいかなくなってきたみたいです。

「人間のレベル論」という考え方を学び、自分のステージや相手のステージを知ることで、生き方や人間関係のよいヒントになると思うので、一緒に学んでいきましょう。

こんな人にオススメの記事

・職場や学校の人間関係に悩んでいる

・なぜか合わない人がいるけどどうしたらいいか分からない

・色んなタイプの人とうまく付き合っていく方法を知りたい

幸福に生きるための考え方【人間のレベル論とは】

ステージ割合

「幸福のための人間レベル論」という本の中で著者の藤本シゲユキ氏が唱えている考え方です。

以下は、著書よりの抜粋となります。

人間の幸福レベルを9段階のフィールドに分けてたものが人間レベル図となり、上位フィールドに行けば行くほど、幸福を感じる能力が高くなる

さらに、人間レベル図では、9つのフィールドを下から順に、「人でなしステージ」、「気づいていないステージ」、「気づいているステージ」、「悟りステージ」の4つのステージに分類しています。

「気づいていないステージ」から「気づいているステージ」に上がることが、人間が生きづらさを抜け出して心からの幸福を感じられるようになる、一番のターニングポイントになる。

とのことです。

なるほど!

同じことに対しても人によって捉え方が違います。

何かに対して、ある人はそのことを不幸と捉えたり、ある人はそのことを幸福と捉えます。

レベルが上位の人ほど、人生において幸福を感じる能力が高く満足度が高いということです。

常にどこか不幸せそうで物事の捉え方や考え方や価値観が貧しい人っているよなぁと思います。

そういう人たちが下位のフィールドといえます。

そして、「気づいているステージ」の人と「気づいていないステージ」の人には大きな壁があり、ここのラインで価値観や考え方の違いに大きな差があるとのことです。

注意点としては、以下の2点が前提として示されています。

・ステージやフィールドが上の人間が人として優れているわけではない

・「人でなし、気づいていないステージ」にいる人たちが、「気づいている、悟りステージ」にいる人たちと、親密な人間関係を作れることはほぼ皆無ということ

※本書では、各フィールドやステージの特性が述べられており、「いるいるこういう人!」って感じですごく分かりやすくておもしろいので是非詳細を知りたい方は本書を読んでみてください。

合わない人がいる理由【ステージが違うのかも】

フィールドアップフィールドダウン

本書では、著者自身も下位のフィールドから上位のフィールドへフィールドアップしていったと述べられています。

つまり、このフィールドやステージは先天的なものではなく、後天的にアップすることもダウンすることもあるとのことです。

僕自身も本書の各レベルの特徴をみて自分のフィールドが何となく理解できました。

過去の学生時代の自分は「チワワフィールド」にいた気がします。

そして社会人になってしばらくした頃は「ハリネズミフィールド」の特徴がよく当てはまる状態だった気がします。

現在は、「ネコフィールド」と「ライオンフィールド」をいったりきたりしているのではないかと思っています。

「ハリネズミフィールド」まではいわゆる「気づいていないステージ」で、「ネコフィールド」からは「気づいているステージ」になります。

つまり、最近感じていた周囲の人間との考え方の差はここにあったようです。

どうやら僕は「気づいているステージ」にアップしたことで、「気づいていないステージ」の人と合わなくなったように感じていたのではないかと思います。

幸福に生きるための人生の真理に気づこう

気づき

前述したように、「気づいているステージ」へ上がることが、人間が生きづらさを抜け出して心からの幸福を感じるようになる、一番のターニングポイントです。

では、この「気づいている」というのは「何に」気づいているということなのでしょうか?

気づいているステージの人の代表的な考え方を著者が以下の5つ示してくれています。

①目の前に起こっている現実は、すべて過去の自分が選択した結果である

②人がどう思うかじゃなくて、自分がどう思うか

③自分に起こる悪い出来事や逆境は試練であり、乗り越えるべきもの

④やりたいことはやるし、やりたくないことは極力しない

⑤なるようにしかならない

「気づいていないステージ」の人は、起こっている出来事を人や環境のせいにしたり、自分の不幸としてとらえたり、やりたくないことも我慢してしたり、物事を悲観的にとらえたりすることが多くみられます。

一方、「気づいているステージ」にいる人たちは、起こっている出来事を自分の行動の結果としてとらえ、自分の軸で考え、起こった出来事を自分にとってプラスに捉え、自分のやりたいことを優先し、あとはなるようになるという考えをもっています。

「気づいているステージ」の人たちはこういう人生の真理に気づいているため、幸福を感じやすい状態であるといえます。

そして、「気づいているステージ」と「気づいていないステージ」の人は根本的に考え方が違うので理解しあえないところがあるといえます。

ただ、「気づいているステージ」の人たちからすれば、「気づいていないステージ」の人の心理や行動は手に取るようにわかりますが、逆はないみたいです。

上位フィールドは下位フィールドの人たちの心理を想像できますが、下位フィールドの人たちにとっては上位フィールドの人たちの考え方は異次元であり理解しがたいようです

つまり、上位フィールドの人たちからすればこうすればいいのにと思うことがあって助言しても、下位フィールドの人たちの心には届かないわけですね。

自分たちでステージアップする努力をして引き上げるしかないといえます。

そのためのヒントも本書では詳細に述べられているので、興味ある方はぜひ読んで実践してみてはいかがでしょうか?

まとめ

ステージの違い

人間は生きていくうえで対人関係の問題の解決は必要不可欠です。

色んな人がいて色んな価値観をもった人がいるなかで、うまくコミュニケーションをとり生きていかなければなりません。

相手の考え方や価値観が理解できないこともあるかもしれません。

そのときには、この記事で紹介した「幸福のための人間レベル論」を読んでみることをお勧めします。

自分がどのステージにいて、相手がどのステージにいるのかわかれば、根本的な考え方の違いを理解することができます。

そうすれば余計なストレスを感じたり余計な衝突をすることも避けられます。

そして自分のステージを認識できたら、より上位のフィールドやステージに上がることで、より楽に幸福に生きることができるようになれるかと思います。

ぜひ、幸福に生きるための一つのヒントとなる考え方かと思うので、知ってみてはいかがでしょう?

それでは、また!

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

ABOUT ME
しーたす
病院で理学療法士として働いてきた経験や知識を活かして、医学・リハビリ・栄養・運動・心理学など有益な情報を発信していきます。